「FMRL」カテゴリーアーカイブ

映画『あくせく働くな:ラジオアリーチェ』日本語字幕、一般公開のお知らせ

http://radioalice.researchlab.jp/

2004年に公開された70年代末のイタリアにおける、アウトノミア運動、自由ラジオを舞台にした映画、グイド・キエーザ監督の”Lavorare Con Lentezza” (Work Slowly)にFree Media Research Lab (FMRL) 関連有志によって日本語字幕を付け、2013年7月にカルチュラルタイフーンでの日本初上映を行いました。続いて8月も、自由ラジオの伝道者、メディア批評家の粉川哲夫さんを招いて下北沢・抵抗文化専門古書 気流舎での上映+トーク、12月には、Café★Lavanderíaで、日本版のアウトノミスト「だめ連」に関わる神長恒一さんと、字幕作成有志でもある、社会学者の毛利嘉孝さんとの上映+トークを行いました。

著作権法改正、特定秘密保護法などの自由やプライバシーを侵害する法案が可決し、集団自衛権行使の容認、武器輸出三原則の緩和を俎上に載せるなど、全体主義、警察/軍事国家への道を再び歩もうとしているとも思えるこの国において、その解決の一助として、お役立ていただければと、日本語字幕をクリエイティブ・コモンズ (CC BY-NC-SA 4.0) ライセンスの下に一般公開します。

ここからZIPファイルをダウンロードして解凍、VLCなどの字幕データを読み込めるメディアプレーヤーで、字幕付きの映画をみることが出来ます。(ムービーファイルはこちらクリエイティブ・コモンズ (CC BY-NC-SA 3.0 US) ライセンスの下に公開されています。)

ぜひ各地での上映会とディスカッションを開催してください。
*その際、こちらのフォームより、情報をお知らせいただければ、SNSなどで告知いたします。

Lavorare Con Lentezza (Radio Alice) 日本語字幕プロジェクト完了!

ラジオアリーチェ:あくせく働くな

Lavorare con lentezza front cover_album_widget東京経済大学で開催されるカルチュラルタイフーンで日本初公開!

題名:ラジオアリーチェ:あくせく働くな(日本語字幕)
日時:2013年7月14日(日)午後2時
会場:東京経済大学国分寺キャンパス2号館206教室
入場:無料

*カルチュラル・タイフーン会期中は、葵陵会館Fエリアにおいて、自由ラジオの実践を行います。
ラジオアリーチェ 100.6MHz Powered by 日本海賊放送

日本語字幕作成:花崎 草、飯高 敏和、清水 知子、小川 ワタル、毛利 嘉孝、狩野 愛、長谷川 仁美、水嶋 一憲、上岡 誠二、Free Media Research Lab (FMRL)

Lavorare Con Lentezza (Radio Alice) 日本語字幕プロジェクト始動!


Lavorare Con Lentezza (Radio Alice) (2004)

Radio Alice / Working Slowly

Lavorare con lentezza front cover_album_widgetWu Ming is also credited as co-writers for the Italian film Lavorare con lentezza (aka Radio Alice), directed by Guido Chiesa, released in Italy in 2004.

The original title means “Working slowly” and cites a protest song, a popular leftist anthem in the 1970s: “Work slowly / And effortlessly / Work may hurt you / And send you to the hospital / Where there’s no bed left / And you may even die. / Work slowly / And effortlessly / Health is priceless.” (Translated by Wu Ming)

The film is set during an actual student uprising that paralysed Bologna for several days in March 1977. Several narrative threads are woven around Radio Alice, the station run by the “creative wing” (the so-called “Mao-Dadaists”) of the radical Autonomia movement. In the morning of March 11 a brawl involving radical and catholic students escalated to a full-scale riot in the university district. The Carabinieri riot squad attacked and shot down a 25-year-old student called Francesco Lorusso. As a result, thousands of students and activists stormed the centre of the town, clashing with the police and throwing molotov cocktails. On March 13 the premises of Radio Alice were invaded and vandalised by the police, the station was shut down and every member of the staff was arrested. The film tells the story mixing real anecdotes with semi-fictional characters.

Radio Alice has won several awards and prizes at movie festivals all over Europe, including the Marcello Mastroianni Award for the Best Young Actors at the 2004 Venice Film Festival and the First Prize at the 2005 Festival de Cinema Politic in Barcelona, Spain.

反原発デモの方法論 III

2011年9月8日 午後8時 放送予定

フリーメディア・リサーチラボ 公開放送「反原発デモの方法論 III」

反原発運動としてではなく、原発事故によって現前した大規模なデモンストレーション。ストリートや新宿駅東口広場、アルタの壁をフリーメディアに変えた、「原発やめろデモ!!!!!!!!」の方法について、社会学者の毛利嘉孝さんの司会で、デモ企画者の方々に語っていただきます。

今回はデモによる原発震災の被災/被害者の方々への支援をテーマに、支援金募金活動と寄付先の活動について、デモ内での募金活動を行っている「支援金ガールズ(仮)」のみなさん。
デモにおけるバンドカーの提供と演奏とともに、被災地域へのダイレクトな支援を行っている「Human Recovery Project」の呼びかけ人、穴水正彦さん。
三陸の復興のシンボルとして、サッパ船を寄付するための「LOVE BOAT基金」を設立した、岩手・宮古を故郷にもつレゲエシンガー Likkle Mai(リクルマイ)さんにお話を伺います。

ゲスト:
坂田カオルコ、花崎草、ふうちゃん(支援金ガールズ(仮))
みどり(原発やめろデモ)
Human Recovery Project:穴水正彦 (n.a.m. / pinprick punishment)
ビデオ出演:LOVE BOAT基金 – Likkle Mai(レゲエ・シンガー)
司会:毛利嘉孝(社会学者)

反原発デモの方法論 II

2011年7月11日 午後8時 放送

日本海賊放送プレゼンツ
フリーメディア・リサーチラボ 公開放送「反原発デモの方法論 II」

反原発運動としてではなく、原発事故によって現前した大規模なデモンストレーション。ストリートや新宿駅東口広場、アルタの壁をフリーメディアに変えた、「原発やめろデモ!!!!!!!!」の方法について、社会学者の毛利嘉孝さんの司会で、デモ企画者の方々に語っていただきます。

※アーカイブを公開しました。

東電原発の事故後、反原発団体ではない素人の乱が呼びかけ、
高円寺で行われた「原発やめろデモ!!!!!!!!」に一万五千人が参加した。

渋谷デモ、新宿デモと次第に規模を大きくしながら
脱原発に向かおうとする若者たちのデモの方法や思いとは。

原発いらない若者必見!「反原発デモの方法論」の第二回目

日 時:2011年7月11日(月) 20:00 ~ 22:00
会 場:素人の乱12号店
ゲスト:松本哉、川邉雄、間宮賢、小倉ハルタ、磯崎いつき、ジェレミー・ハーレー
司 会:毛利嘉孝
Ustream:http://www.ustream.tv/channel/free-media-research-lab
※ジェレミー・ハーレーによるミニライブも行います !!
※ゲストおよび放送は、予告なく変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

緊急企画:反原発デモの方法論 I

2011年6月24日(金) 午後8時 放送

日本海賊放送プレゼンツ
フリーメディア・リサーチラボ 公開放送「反原発デモの方法論 I」

「緊急企画:反原発デモの方法論 I」をUstreamの公開放送として行います。

反原発運動としてではなく、原発事故によって現前した大規模なデモンストレーション。ストリートや新宿駅東口広場、アルタの壁をフリーメディアに変えた、「原発やめろデモ!!!!!!!!」の方法について、社会学者の毛利嘉孝さんの司会で、デモ企画者の方々に語っていただきます。

アーカイブを公開しました。



Video streaming by Ustream

東電原発の事故後、反原発団体ではない素人の乱が呼びかけ、
東京・高円寺で行われた「原発やめろデモ!!!!!!!!」に一万五千人が参加した。

渋谷デモ、新宿デモと次第に規模を大きくしながら
脱原発に向かおうとする若者たちのデモの方法や思いとは。

日 時:2011年6月24日(金) 20:00 ~ 21:30
会 場:素人の乱12号店
ゲスト:山下陽光、二木信、小泉JON一郎、一色こうき、花崎草
司 会:毛利嘉孝
Ustream:http://www.ustream.tv/channel/free-media-research-lab

※ゲストおよび放送は、予告なく変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

『女として生きる』第一回自主上映会

【FMRL関連イベント】
メディアが報道しないジェンダー事情を当事者が伝えるドキュメンタリー映画

既存メディアのステレオタイプ化されたセクシャルマイノリティーのイメージ像、「女装」「ニューハーフ」「GID」「トランスジェンダー」…それは彼ら/彼女らの社会的な性、ジェンダー、アイデンティティ、当事者意識を剥奪してきた。このドキュメンタリーでは「トランスジェンダー」に焦点を当て、当事者である監督自身が、彼ら/彼女らの実生活と声、そのイメージの細分化を通して、視聴者に多様な性のありかたを問いかける。

YouTube Preview Image

映画『女として生きる』予告編

2011年5月22日(日)@素人の乱12号店|高円寺
昼の部 開場13:30 上映14:00
夜の部 開場18:30 上映19:00
上映時間100分+監督トーク
料金=1000円+要ワンドリンク

会場
素人の乱12号店 JR中央線高円寺駅下車徒歩7分
東京都杉並区高円寺北3丁目8-12 フデノビル2F 奥の部屋
(北中通り沿い素人の乱シランプリ向かい。アヤマ接骨院脇の階段を昇って奥)
地図

ドキュメンタリー映画『女として生きる』公式ブログ
http://onnatoshite.rll.jp/